無料ブログはココログ

« 多摩を! | トップページ | パロマ裁判に見る経営の不作為の罪 »

薬局薬剤師の患者さんへのアプローチ

薬剤師には、
病院薬剤師
薬局薬剤師
研究職
MR
などたくさんの種類があり、それぞれに意味や醍醐味があります。全て重要で優先順位をつけるものではありません。

このところ薬局薬剤師の患者さんのQOL向上の取り組みを薬学的にまとめる仕事にトライしています。
患者さんへのアプローチ方法から見ればコミュニケーション領域なのですが、背景には
薬剤師の力量
仕事の取り組み方
勉強の仕方
患者さんの理解の仕方

などがあります。

これだけ大きな産業になっているのに属人的にすぎると思っています。

このところいい話をきいています。

最近の医療ではコミュニケーション開発が流行りです。

苦手意識があるからでしょう。

必要だとは思うがやはり専門家なんだからコア領域で力を発揮して欲しい。

薬局薬剤師は薬のプロではなく
「予防養生再発防止のプロ」でいてほしい。

そんなことをずっとやってます。難しいわ

ランニング好きの研修トレーナー
木村嘉伸

« 多摩を! | トップページ | パロマ裁判に見る経営の不作為の罪 »

医療・薬剤師」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/34641549

この記事へのトラックバック一覧です: 薬局薬剤師の患者さんへのアプローチ:

« 多摩を! | トップページ | パロマ裁判に見る経営の不作為の罪 »