無料ブログはココログ

« 横浜西口 一鶴 | トップページ | 走りたいな~ »

調剤薬剤師の腕

仲間の薬剤師に次の質問をしました。

「総合病院の門前と単科クリニックの門前で薬剤師の成長の違いはあるんか」

戻ってきた答えは我が意を得たりで小気味よいものでした。

「差はない。あるとすれば薬剤師の取り組み方次第。
患者さんは処方された薬以外も呑んでいるし、生活のバックヤードも様々。薬剤師は重傷化させないように生活を含めてサポートするのが役割。様々なバックヤードを持っている患者さんが勉強させてくれるのであって、処方箋はツールの一つでしかない」

薬剤師にも臨床力が必要で様々なバックヤード情報を読み込まないと真の実力ではない。

ドクターの治療の考え

患者さんの生活

もちろん薬効


処方箋だけに依存していては片手落ちだ。

こんな薬剤師ばっかりだったらいいのになと思いました。

ランニング好きの研修トレーナー
木村嘉伸

« 横浜西口 一鶴 | トップページ | 走りたいな~ »

医療・薬剤師」カテゴリの記事

コメント

私も投薬枚数が同程度なら取組に依存すると思います。
ただ傾向の差は出るかと思います。
クリニックの門前の場合、同じ薬剤師が同じ患者に投薬する
可能性が病院門前より高まるので、より対「人」になります。
病院門前は逆に様々な人へ投薬するので、
処方の多様性が生まれ、
対「薬」に向かう傾向になるかとは思います。

なるほど!論理的やな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/33607839

この記事へのトラックバック一覧です: 調剤薬剤師の腕:

« 横浜西口 一鶴 | トップページ | 走りたいな~ »