無料ブログはココログ

« 「末代までの恥」 開星高校野球部監督 | トップページ | テレビ東京 シューシャインボーイ »

“国見”をする

昔仲間から連絡をもらってあることを思い出した。

“国見をする”ということです。
大学のゼミの教授がよくおっしゃることでした。

フィールドワークの代表的なアイテムです。

土地を俯瞰して全体像を把握するということです。

今も考えれば形を変えた“国見”をしています。
習慣になっています。
年を取ってありがたみがわかります。

今は全体像がわからないことに臨むのは嫌いです。

例えば、地方に行くと博物館に行ってから名所周りをします。

地域の歴史を知りその核を知りたいんです。

今飯を食えているノウハウです。

畑井教授ですが、卒業後ご挨拶もしていないがどうされているのか。
私も年を取りました。


今週は大事な追い込みの週。
今日はたくさんいい出会いが会って楽しかった〜でもくたびれました。

ランニング好きの研修トレーナー
木村嘉伸

« 「末代までの恥」 開星高校野球部監督 | トップページ | テレビ東京 シューシャインボーイ »

感性を磨く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/33921970

この記事へのトラックバック一覧です: “国見”をする:

« 「末代までの恥」 開星高校野球部監督 | トップページ | テレビ東京 シューシャインボーイ »