無料ブログはココログ

« 脚気と高木兼寛 | トップページ | 仕事で涙する »

処方箋が「学び」を広げる!?

薬剤師の転職・採用にも関わりを持っています。

私は薬はわかりませんが人の成長はわかるつもりです。

薬剤師は“技術者”ですから、技能を上げ続けるのが使命の一つです。
薬剤師人口の大半は調剤薬剤師です。

調剤薬剤師の技能の多くの部分は処方箋によって形成されています。

処方箋で勉強出来るのです。

転職する時の選択肢の一つがどんな処方箋を扱えるのかということです。

だから、
総合病院の門前がよいのでは…
とか
面の大型店がよいか…
と迷います。

昨今の処方箋はDoの比率が高いから、ある程度同じ職場で勤務してくると目新しいケースには出会わなくなりますから、新人の時代は別として、それだけではよい選択にはなりにくい。

処方箋から読み取れるものは大きいが、それは薬剤師の感性に負う部分が大きい。
患者の顔見て話が出来る仕事だし、ドクターの癖をつかむことも出来る。

患者個人だけでなく家族を知り問題点を生活に広げて考えることも出来る。

問題意識をどう持つかにかかっている。
これは総合病院だからクリニックだかではない。

ただなかなか自分の問題意識だけでは広げられないのも事実。

だから先輩や上司の力が必要で、そうしたことがフレキシブルに行われる組織がよい組織なんだ。

医療組織は個の集合体である時代が長かったが、今はそれではやっていけない。
薬剤師さんにも本当に勉強できるのは勉強できる環境を用意している組織であることに気が付いて欲しいものだ。

薬剤師は医療のゼネラリストなんだからバランスのよい人にならないとね。

今日も1日こんな話の繰り返しでくたびれましたねー

この内容は一般の方にはわかりにくいかもね。

ランニング好きの研修トレーナー
木村嘉伸

« 脚気と高木兼寛 | トップページ | 仕事で涙する »

医療・薬剤師」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/33227849

この記事へのトラックバック一覧です: 処方箋が「学び」を広げる!?:

« 脚気と高木兼寛 | トップページ | 仕事で涙する »