無料ブログはココログ

« スーパー時代劇“ジロチョ-”清水の次郎長維新伝 | トップページ | 鷺沼 LITTLE MERMAID »

学び方は自分で選ぶ

自分の人生は自分で作っていかなしかたない。手助けしてくれるかどうかも自分次第。

他人のノウハウをもらう為に一生懸命勉強することは必要やけど、結局は“学び方”をつかむしかない。

私は研修の仕事をする中で本や先輩にたくさん学んだけど、その人がなぜ真理にいたったのかを知るほうが大事。

「どうして勉強するんですか」と聞いてくれはる受講者がいてはりますが、これが一番大事やと思います。教えてもらうより、つかもうとする人やからね。

かといって、「勉強の仕方」なんかを研修しても意味がない。
坂の上の雲の小説の中のあるエピソードが大好きです。

海軍大学校を開設する際に、戦術教官に選ばれたのは当時少佐だった秋山真之でした。
海軍の戦術の歴史は浅く人材が育っていないこともあったのでしょうが異例の抜擢です。
受講者の方が上位者の可能性があるわけです。
彼は自身考案した戦術理論を講義しながら次のようにいいます。
「戦術はそれぞれ自分で組みたてよ。借り物ではいざとなったときに役に立たない。
独自の考えを持つには、万巻の書物をよみその真理を理解することだ」
※小説の表現と異なっています。覚えている限りで記載したのでね。

これこそ真理だと思っています。

私は歴史好きです。歴史は繰り返すといいますが、今に至る原因を知ることがすごく好きやし大事にしていることです。

ノウハウ本も過去を紐解いて出来ているわけやから同じことです。

成功者の悲惨な末路もあるし、変化はないけど穏やかな人生もある。過去を見ていくと欲しいものがはっきりしてきました。

そんな中で、「幸せな人生を送る」というゴールをイメージするようになりました。

仕事をする為に働いているわけではないし、
今日のご飯の為だけに頑張っているわけではない。
上司の為に仕事をしているわけでもない。


「幸せに人生」を過ごす為です。幸せは一人だは出来へんから、自分だけの幸せを追求しても意味がない。

その為に、今何をしたほうがええのかを気付いてもらうことが仕事やと思うようになりました。私はそうです。みんなが自分の学び方で真理に至ることが大事なんや。


あらゆるノウハウを動員して仕事の取り組み方を教えても力はつかへんからね。

幸せな人生を送る為のプロセスが仕事なんや。

江戸時代の勉強は孔孟の教えから真理を学ぶものやったんやが、ああゆうことが必要やな。

どんな学び方をするのか? 大事なんやで。

ランニング好きの研修トレーナー 木村嘉伸

« スーパー時代劇“ジロチョ-”清水の次郎長維新伝 | トップページ | 鷺沼 LITTLE MERMAID »

感性を磨く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/32972609

この記事へのトラックバック一覧です: 学び方は自分で選ぶ:

« スーパー時代劇“ジロチョ-”清水の次郎長維新伝 | トップページ | 鷺沼 LITTLE MERMAID »