無料ブログはココログ

« 品格と実績 朝青龍問題にみる | トップページ | インコースの低め »

小林繁さんの記憶

阪神ファンの私は当時ビックリした記憶があります。当時高校2年だったかなぁ~

「巨人の小林が阪神にやってくる!」

長島巨人が優勝を決めたゲームのロングリリーフ。テレビで見ていましたが凄いボールの切れでした。不思議に阪神がやられた記憶がなくなっています。

当時の阪神はずんぐりした体系の選手が多く、低迷期。

スマートだ男前の小林さんにはそれだけでも違和感を持ちました。

多分阪神ファンの多くが、初めての巨人戦の印象を今も持っているのではないかと思います。サヨナラ暴投もありましたが、あの初戦の躍動感がすべてだったように思います。

後半生は浮き沈みが激しかったようです。尖がった方ですから、穏やかな人生を送ることは難しかったのでしょう。終の棲家を福井に定めてこれからが豊かな人生のスタートだったように思います。

亡くなられて2週間近くが立ちますが、未だにwebではお名前を目にします。

どんな人生だったかがこれでわかるように思います。

木村嘉伸

« 品格と実績 朝青龍問題にみる | トップページ | インコースの低め »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/33167445

この記事へのトラックバック一覧です: 小林繁さんの記憶:

« 品格と実績 朝青龍問題にみる | トップページ | インコースの低め »