無料ブログはココログ

« 源氏パイ | トップページ | 中村 中 友達の詩 »

NHK メイド・イン・ジャパンの命運

日曜のオンエアを見逃したので、深夜の再放送を見ました。

世界の中での日本をメーカーを題材に自問自答する作品でした。

さすがNHKです。

ソフトウェアの登場があんなに製造現場に影響があるのかとビックリしました。

「重箱の隅をつつくような日本人の性質」がメイド・イン・ジャパンのクォリティーを担保していくたのですが、昨今そのノウハウが機械に置き換わっていました。

人件費というコスト構造に注目が集まっていますが(私だけかな?)、技術の分野でも日本の生き残る道は厳しいものだと思いました。

東芝とJVCケンウッドの2社の紹介でした。

海外企業の紹介をしていましたがいずれもベンチャー企業です。あっという間に巨大企業となっています。

日本のメーカーは大きくなりすぎたのかもしれません。

商品開発・技術革新だけではない経営の舵取りも必要なのでしょう。

経営の小型化も必要でしょう。昨日春闘の投稿をしたタイミングだっただけに本当に人材育成だと思いました。

個々の企業の問題にしてはいけないと感じました。でも最終的には企業努力なのですが。

ランニング好きの研修とレーナー

木村嘉伸

« 源氏パイ | トップページ | 中村 中 友達の詩 »

テレビ番組・映画・エンターテイメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/33146474

この記事へのトラックバック一覧です: NHK メイド・イン・ジャパンの命運:

« 源氏パイ | トップページ | 中村 中 友達の詩 »