無料ブログはココログ

« やっと… | トップページ | 表参道 »

坂の上の雲2

初めてこの小説を手にしたのはいつだったか。

子供の頃から戦史ものが好きで日本海海戦を作戦指導した秋山真之は知っていましたがお兄さんの好古は知りませんでした。正岡子規にも強い印象を持ってはいませんでした。
大東亜戦争で敗れたこともあり戦前、繋がる大正明治には暗い印象しかありませんでした。
この小説は暗さの理由の一端を見せてくれます。

軍国主義は歴史ある日本の全てを消し去ります。

1868年長い徳川の時代を敗ったのは西国雄藩の若者たちでした。
倒幕を指導したリーダーたちは明治10年の西南の役を境に倒幕時には実践部隊であったより若い層に交代しました。
伊藤博文らの世代です。
この世代は倒幕運動、世界との出会い、国内戦争を通じて力量をあげ大人になっていきます。

憲法をつくり議会を発足させ近代日本を前進させました。

政治的にはこの次の世代が世界を相手に戦争を始めるという暴挙を演じてしまったのです。

明治維新は世界的に見ても特筆すべき革命です。
しかし国という感情を持った組織体が文化を持つには時間がかかるものです。
明治期の無理な成長は人材育成には至らず、子供のように自分が受け入れられなければむずがり、周囲を攻撃してしまったのです。

« やっと… | トップページ | 表参道 »

テレビ番組・映画・エンターテイメント」カテゴリの記事

歴史が教えてくれる」カテゴリの記事

コメント

中学の時にテストの度に読んでたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/32450109

この記事へのトラックバック一覧です: 坂の上の雲2:

« やっと… | トップページ | 表参道 »