無料ブログはココログ

« 日本オープンプレーオフ | トップページ | 民度 つづき »

日本人の民度

日本人の民度
数年前石原都知事が中国を「民度が低い」評したことがありました。
ゴルフ観戦者のマナーの悪さは毎週指摘されています。
石川選手は「知らないならしかたがない…」とコメントしているが、あの場に臨んで知らないと言える人はいないでしょう。

2万人近い大人が18歳の子供の邪魔をして情けない。

今週はもう一つ。
女子はオーストラリアのニック・キャンベル選手がプレーオフ4ホール目で宮里藍選手を制し3年ぶりのツアー優勝を果たしました。
最後のロングパットは圧巻でした。

インタビューで
「ギャラリーは私ではなく相手(宮里藍)の勝利を望んでいたのでしょうが…」とコメントしていました。勝者ならではのジョークでしょうが、海外からチャレンジしている選手にこんな思いをさせては行けません。

日本人の美意識はかくも変化したかと思います。

今朝のスポーツ新聞の見出しが楽しみだったのですが、購入した2紙でこのキャンベル選手のコメントにふれているものはありません。

さすがに日本のマスコミです。webに負けるはずです。

協会も強いメッセージを出すべきです。

こういうことの全てが民度。商業的合理性の追求でしょうが、規律ないところによいものは生まれないものです。勘違いしているのだろうな。人にかかわる人は民度形成に影響を与えている自覚が必要ですね。

ランニング好きの研修トレーナー

木村嘉伸

« 日本オープンプレーオフ | トップページ | 民度 つづき »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/31844062

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の民度:

« 日本オープンプレーオフ | トップページ | 民度 つづき »