無料ブログはココログ

« 真心と私心 | トップページ | 仲間のブログ »

部下に一声かける

部下だけではありませんが、周囲のちょっとした変化にすぐに一声かけない人が多くなりました。

人はかまってもらいたい生き物です。毎日、良いことも困ったことも起こります。それに反応してほしいものです。

昔の管理職には、こうしたちょっと一言の上手な人が多かったように思います。

よく周りを見ている人です。これだけのことで人間関係は成立します。

落ち込んでいる人を唯慰めるだけではダメです。元気づけして、落ち込んでいることを言葉やさしく叱り飛ばして、前に進めてあげなくてはいけません。

一声かけなさいというと、傷を上手に舐めあうことしか出来ない人が多いのです。

叱ってほしい人も多いのですよ。

出来ない管理職に聞くと「忙しい」という理由が帰ってきてまたビックリ!

ほんとかよ~ 一声かけられないほどかよ~

いい加減にしてほしいな。

そんなこともしない人は管理職など引き受けないでほしい。

勿論、組織の論理があるし、歳周りもあるから引き受けないといけなのだが、それでも出来ない、いやだという人は、相当の覚悟で世の中を渡っていかないといけない。

人は1人で生きているのではないのだから。

腹立ちとともに記事にしちゃいました。もう怒る歳でもないのだが。

部下を大事にしない人は許せない。

怒りに任せたランニング好きの研修トレーナー

木村嘉伸

« 真心と私心 | トップページ | 仲間のブログ »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/30544621

この記事へのトラックバック一覧です: 部下に一声かける:

« 真心と私心 | トップページ | 仲間のブログ »