無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

人の成長は採用で決まる

私のクライアントは採用難の組織が多い。

人不足だから、妥協せざるをえないのです。
妥協した採用は、要望が低くなるし、ポテンシャルも低いから成長しない。

私も中小企業の経営者の一人としてこのパラダイムは悩ましい。改めて思うにリクルートはいい採用をしていたと思います。それでも差はつくのですが。

ところで問題はどこを妥協して、何にこだわるかです。

中小企業、特に創業者の幹部は鍛えられていて面白い人材がたくさんいます。

この方々は創業者のパッションや人柄に触れて、共感しておそらく能力以上の仕事をしてきた結果成長したのです。

妥協してはいけないのはこの部分です。
これさえ出来ていれば、基準を上げられる。

少なくとも、この高さからスタートしたいものです。


ランニング好きの研修トレーナー
木村嘉伸

経営の妙味 朝令暮改

経営の意見がコロコロと変わることに戸惑いをもつ下々。

誤りをあらたむるに躊躇するなかれという言葉もある。

経営は感性を総動員して仕事に当たっています。

感じる幅も深さもそうでない役割の人とはかなり違います。
だから、ついさっきと違うなにかを感じたらすぐ修正するものです。朝令暮改を喜ぶべきなんだ。

ランニング好きの研修トレーナー

木村嘉伸

YAZAWA

NHKで矢沢永吉の二週に渡るスペシャルの一周目でした。

特別なファンではありませんが、パフォーマンスは大好きです。

今日の二十代の若者たちとのトークは素晴らしかった。

人付き合いが下手だという子に対しての解答がしびれました。俺もそうだし、多くの人がそうじゃないか、という内容だったが言い回し、声、表情、間合い。絶品だった。


さくさくは矢沢永吉には興味ないなどと抜かしおって!来週は絶対みろよ?

おぉ~研修トレーナー
木村嘉伸

逃げる? 逃げない?

よく聞きますよね。

逃げているか否かは周囲が判断することで、当事者の意識とは違うものです。

「自分は逃げているつもりではない」でも、周囲が逃げていると感じれば逃げているのです。

こんな風に理解しています。

そう言われる状況は普段以上にアウトプットを強めて、対人影響力(リーダーシップ)を発揮するタイミングのはず。
自分は普段と変わらないと捉えている時点で状況を掴めていない。つかめればアウトプットは変わるはずた!

こんな状況は長い人生ではたくさん登場します。
周囲の変化に対応するのは常に現状をとらえる感性が重要です。

「考え方ではなく感じ方が人生を決める」

感じ方を多くの人にわかってもらいたい
研修トレーナー
木村嘉伸

マネジメントアウトプットの原則

難しく考えないで

その場で

直接

率直に

考えすぎて行動しないのが一番悪い!


シンプルにいこう!
研修トレーナー木村嘉伸

宮里藍 初優勝

米国ツアー4年目で遂に初優勝。

9時半頃眠りについて、最終日のテレビを楽しみに起きた。うっかりWEBを見たら結果が流れていて…

ライブ中継だと勝手に思ってたが、この時間なら違うよな!
ちょっとがっかりだが、良かったよかった!

どうしよう?寝ようかな?

木村嘉伸

山手・本牧2

根岸・本牧2
寂しいげなマイカル本牧五番街

山手・本牧

鷺沼

港北IC

三ツ沢

桜木町

山手

根岸森林公園

マイカル本牧
↓(バス)
山下公園

車みたいでしょう。
最後はバスに乗りましたが、あとは走りました♪
今日は完全にお休み。

090726_12130001_3

馬の博物館 写真内の像は「シンザン」

 

090726_1217_5

090726_1234_4

090726_1237

090726_1300_2

090726_1256_2

090726_1224 途中から「根岸森林公園」をゴールにしたもので。いい天気でしたね。着いた頃は昼で陽が上がって山手を登るのはもうオヤジはやらない方が良さそうです。

私は公園好きで、草の上を裸足でゴロゴロするのが特に好きです。

首都圏の公園では、

砧公園と根岸森林公園が好きで時々、走りをかねていきます。

ともども、元はゴルフ場で広々していますね。また、外国人の設計らしく空間が広く落ち着きます。

090726_1223 都合30km強のランニングですが、着いたらへとへと。休憩と称する実質ダウンののち本牧に下りると、パチンコ屋にもよらず、目の前をバスが止まったので、す~とバスにのり

090726_1453_2 山下公園前で降りると、消耗しすぎてお腹がすかないのだが、何か食べないとなと思い、日曜の山下公園にもかかわらず、コンビニおにぎりになり

ふっと大桟橋を見ると「イージス艦」が停泊してるので見に行って、

090726_1455_2

090726_1538_2 ロケ現場だけどわからないよね。

県庁前を通過していると「官僚たちの夏」のロケをやっていたので見ていたら、佐藤浩市さんを見かけてかっこいいなぁと思いながら、電車にのって帰ってきました。

もうヘロヘロ。早く寝よう。

ランニング疲れの研修トレーナー

木村嘉伸

ミーティング

30歳前後の頃、企画課に席があり、会議三昧の期間がありました。主宰者やオブザーバと役割は様々でしたが、大概が会議を受けて、施策化したり、調整したり、広報したりで、いやではないが大変でした。

特異な経験ですが、あの頃から会議に疑問を持つようになり、今は立派な会議嫌いです。

不要とは言いませんが、よくよく考えたら代用可能な方法やオペレーションはあると思います。

会議は準備する主宰者も参加する側も大変な労力です。

まぁ、顔を合わせる安心感は否定しませんが。

まずは無くす努力をしてみませんか?

その上で本当に必要な事だけにしませんか?

それぞれのミッションに会議に変わる何かが含まれているはず。権限、義務、責任の仕事の三角形がいびつになっているのではと思います。

この論議は大事なんですよ。

会議嫌いの研修トレーナー
木村嘉伸

王将の餃子

関西で若い時期を過ごした人は「たまに無性に食べたくなる」の一つでしょう。
学生時代の定番でした。過去形にしたら怒られますね。

最近また注目されてます。テレビの露出も凄い。

創業者の加藤社長が餃子券を配られていたのを懐かしく思います。

前振りが長い。
今日はその日!
溝の口店に来てみたら、凄い人。祭りかと思ったら餃子50円引きでした。

ブログでもカキながら待ってよ♪

餃子好きの研修トレーナー
木村嘉伸

柏祭り

柏祭り

柏祭り

柏祭り

柏駅に戻ったら祭りでした。

盛大です。屋台のビールの誘惑に負けそうでしたが、はるみちゃんに怒られ.

から我慢ガマン!

駅周辺はごった返していました。

踊りも太鼓も大したもの。祭りに向けて一年がかりなんでしょう。
雨が降らなくてよかったよかった♪

しかし今年も早いもので夏祭りの時期なんですね!

ランニング好きの研修トレーナー
木村嘉伸

今月も100Kmクリア

今朝の5kmで目標クリアしてました!

鷺沼もアップダウンが激しく、引越してからコースを探していたら、比較的坂の少ないルートを見つけました。

地元の人しかわからないでしょうが、「有馬」という大きな区域の尾根部分に高圧線が走る道があり、鷺沼からだと折り返しは横浜国際プール。家からだと片道4km。朝ランにはちょうどいい。

ランナーと意外にすれ違う。

その界隈では高い位置だから、景色もいい。

折り返しは山田富士に駆け上がって終わり。
冬場は見晴らしがいいですよ。

ランニング好きの研修トレーナー
木村嘉伸

千葉県柏市

以前、派遣事業のお取引先があり訪ねたことがあるが、5年ぶりかな?今日は。
仕事のゆく先々で名所旧跡を訪ねたり、無理にしても町の成り立ちを調べるのは楽しみの一つです。

人は土地の風土が育てます。大袈裟に言えば山河が親のようなものと思います。
だから、成り立ちが知りたくなります。
必須ではないが、教養を養う一つの方法です。
今日は時間はないねだが。
能書きが長い。柏の事です。

江戸時代は「牧」の一部であったようで、残念ながら、町の形成は明治以降、実質は戦後の町のようです。

最近は若者が集まる町に急速に変貌しているらしい。

今日は隅田川花火大会でもある。琵琶湖の花火大会以外は興味がないので関係ないが。

今日は「木村先生」と呼称されることを抵抗しない唯一の先に来ています。もうあきらめただけですが。

宮里藍にも優勝させてあげたい
研修トレーナー
木村嘉伸

今溝の口で

「お客様が線路内に転落した為停車いたしております」とのこと。

しかし多いな〜
勘弁してくれ!
今日はどうかは知らないが、大半は酔っ払いです。

私も呑むが迷惑掛けた人の名前と原因はせめてwebで公表してくれないかな〜

そう思わない?田園都市線で通勤されるみなさん!

木村嘉伸

幸せの順番

「元気にしてる?」こんな投げかけを無意識にします。

幸せの順番を考えてみました。

一番は健康
二番は充実していること
三番は人との関係が豊なこと
四番は充実に見合う報酬があること

考え方だから、可否はあると思うし、単純に順位をつけるのは難しいでしょうが、私はこのように思っています。

少なくとも順番は異があるにしても、ファクターとしては全て入っていると思います。

順番が違うとすれば、目的かプロセスのどちらかが違うわけです。

これこそ個性なんじゃないかと思っています。

どう思います?

誰に聞いてるんだろう?

ちょいくたびれた
研修トレーナー
木村嘉伸

言い続けたら何かがある?!

必ず何かがある。

見切りという考え方もあるが、出来るのは達人(マスター)です。

そんなことを考える前に常にやりきる・続けるが大事です。

その繰り返しをしていると、少しは見切れるようになる。

管理職から様々な相談をうけるが、ほとんどが続けていない。

やりきるが大事、言い続けるが重要。

人生をテクニックと逃げの気合で生きないでほしいものです。

自戒の念をこめて

雨続きで走れない研修トレーナー

木村嘉伸

人を選ぶ難しさ

人気不人気、規模の大小に関わらず、採用の最終選択は覚悟が必要です。

昨今「一生の勤め先」とは考えない方が増えましたがこれは誤りです。

採用者は一生の覚悟を持つから迷うわけです。会社都合で解雇、退職勧奨を行うはらなら迷わないし、
一生勤めようと覚悟していない人は迷いの対象から外れることになる。

嘘つかずに、その場その場で全力であれということか!

研修トレーナー
木村嘉伸

人柄のよさ

仕事の能率が多少悪くとも、社会音痴であろうとも、人柄がよければいいじゃないか?

何よりの財産のように感じます。

世の中、中途半端な能力主義がはびこっているが日本らしくないと思う。

小さな事にこだわらず
→つまり優先順位がわかっていて

自分の考えだけに固執せず
→周囲を受け入れる度量があり

楽しそうに日々をおくる
→ポジティブに

こんな人ばかりに囲まれていたら自分も幸せになると思わない?

管理職はこんな人生を送らせることを仕事にしたいものです。

ランニング疲れの研修トレーナー
木村嘉伸

幸せな人生をおくる

「自分にとって働く目的は何か」という命題の答えは人によって違うはず。

二十歳代と四十歳代では違うはずだし、若いうちから現実の厳しさばかりを見て萎縮する必要はないが、40歳にもなって自分を理解出来ていない夢を追いかけるのも頂けない。

私はそろそろ五十歳の声を聞くが、これまでは大変幸せな人生を送ってきた。

実力や努力以上であると思う。周りのお陰です。

究極の回答は
「幸せな人生」だと思う。
お金も、ものも、評判も、地位も、全てひっくるめて自分らしい豊さが幸せです。
若いうちはわからないだろうな~

自分の人生に高をくくる必要はないが、小さな幸せを日々たくさん感じる感性が一番幸せ。

この感じが理解できると幸せが大きくなります。

哲学者みたいな研修トレーナー
木村嘉伸

脳ある鷹は爪隠す

         

脳ある鷹は爪隠す

センター北で博物館によっちゃいました。今日は終了。

さて、年下の友人のことです。

頭がいい子です。

只、頭が人は嫌われる事実に気付きがありません。

頭の良さをギラギラ出しながら動くと、そうでない(そう思っているのは自分だけかも)他人を馬鹿にしたような言動に映ります。

どう映っているかをとらえられる感性の方が重要です。

頭では幸せになりません。よい感性が幸せを運んで来ます。
だから、見ていると好みに合う人や出来事なは強いが、それ以外にはよい結果が出ていません。

気がついて、爪を収めたら、上手くいくんだけどな〜

気付きを持って欲しいランニング疲れの研修トレーナー
木村嘉伸

みんなと別れて

横浜西口から走り始めて、日産スタジアムを通過。水休憩。
日差しが出て来た。全然ピッチが上がらない。

私はストイックなランナーではなく、景色やプラスアルファを大事にしています。
でもある程度のスピードがないと飽きてしまうでしょう。私のバーは10km50分。
100mにしたら30秒、早くないでしょ!

ピッチは1分120歩ぐらい。本来180歩が望ましいらしいが、とてもとても。
さあ嫌になるから走り出します。


今日は自分の勉強で

横浜で勉強会に参加しています。

知人の紹介で受講しています。

若い頃は斜めで参加した事もありましたが、最近は本当に楽しんでいます。

今日も面白かった!
タメになるかどうかは、そのタイミングの感性が重要です。
会社の業績は楽ではなく、日々ばたばたしているが、このところ気分は平穏なんだな。

地に足の着いた事をしないとね。

以前だったら今日のような休日に勉強会の参加はしなかったように思う。

相鉄希望ヶ丘だが、横浜で集まるようなので、行ってきます!

研修トレーナー
木村嘉伸

仕事半分ランニング半分 そして桜木町「Bubby's」

仕事半分ランニング半分

仕事半分ランニング半分

仕事半分ランニング半分

仕事半分ランニング半分

仕事半分ランニング半分

相模原から横浜に向かう。幸いに帰宅とともに送ってくれる人がいて助かりました。

みなとみらい往復約10kmを走る。風があってこの季節としては涼しくて助かりました♪

象の鼻の公園化が出来て空間が広がっていました。

遅い昼だが目当ては「Bubby's」

私はバーガー好きなのでまず試すのだが、沢山食べないのでそれで終わり。別のメニューはまたこんど。

アメリカンスタイルのレストランで店の雰囲気は大好き。

ミートもほどほどなジューシーさで日本人向き。
好みとしてはバーンズをもう少し焼き入れしてほしいが。

はるみちゃんが「飲み過ぎちゃうか」とメールが着たのでコーラでガマンした。
ランニング好きの研修トレーナー
木村嘉伸

またPCが

一仕事終えて、帰宅して明日のデータの確認をしようとしたら、おなじみ
「重大な問題が発生しました」でブルーバック。

勘弁してくれよ!
やむなく会社にノートを取りに行き改めて帰宅中。

明日の仕込みしとかないと。

ランニング好きの研修トレーナー
木村嘉伸

送別会

送別会
写真はおなじみのサクサクですが、今日彼の同い年メンバーの送別会。

ほぼ創業以来のメンバーが九州に帰ることになりました。

残念だが仕方ない。
言葉がないが。

やっぱり言葉がない。

木村嘉伸

研修終わって

研修終わりで大騒ぎ

楽しかったわ~

少人数でカウンセリング型のトレーニング。

じっくり時間がかけられてなかなか楽しかった。

集中力は大事だから、時間を掛けるといっても限界はあるが、やっぱり少人数がいいな。

仲間のブログ

私が始めたからかもしれませんが、友人知人が続々と開設されました。

私もコメントしてもらえるとうれしいから出来るだけコメントしたいと思ってみんなのブログをチェックするのが大変なんだわ。

私はだいたい通勤や移動時間に記事を書くのですが、帰宅した最初にやるのが仲間のブログチェック。今日もなんやかやで30分。

やりすぎかな?!

でも面白いもんだね
きむらよしのぶ

部下に一声かける

部下だけではありませんが、周囲のちょっとした変化にすぐに一声かけない人が多くなりました。

人はかまってもらいたい生き物です。毎日、良いことも困ったことも起こります。それに反応してほしいものです。

昔の管理職には、こうしたちょっと一言の上手な人が多かったように思います。

よく周りを見ている人です。これだけのことで人間関係は成立します。

落ち込んでいる人を唯慰めるだけではダメです。元気づけして、落ち込んでいることを言葉やさしく叱り飛ばして、前に進めてあげなくてはいけません。

一声かけなさいというと、傷を上手に舐めあうことしか出来ない人が多いのです。

叱ってほしい人も多いのですよ。

出来ない管理職に聞くと「忙しい」という理由が帰ってきてまたビックリ!

ほんとかよ~ 一声かけられないほどかよ~

いい加減にしてほしいな。

そんなこともしない人は管理職など引き受けないでほしい。

勿論、組織の論理があるし、歳周りもあるから引き受けないといけなのだが、それでも出来ない、いやだという人は、相当の覚悟で世の中を渡っていかないといけない。

人は1人で生きているのではないのだから。

腹立ちとともに記事にしちゃいました。もう怒る歳でもないのだが。

部下を大事にしない人は許せない。

怒りに任せたランニング好きの研修トレーナー

木村嘉伸

真心と私心

例えば、優先順位を間違っている人は「私心(わたくしごころ)」が大きい人です。


私心は私利私欲の心と理解されがちですがそれだけではありません。

多くの一般人は一人では生きていけないことをしっています。

だから周囲に配慮した行動を自然に行うようになります。

私心のない人はいません。

周囲に配慮することと少し私心を小さくすることで周りからはバランスのよい人と言われます。

人のキャパシティは急には大きくなりません。

体には「私」と「公」があり、私を小さくして公、つまり周囲を受け入れることで人間は成長します。

本人は自分なりに周囲の事を考えて一所懸命やっているが、すべっている人がいますよね。

その人は自分を利する事ばかりを考えているわけではなくて、自分の私心にとらわれすぎて周囲を正しく受け入れることが出来ていないのです。

悪い「私心」は自分を強く利したり、こだわりを主張し続ける心


よい「私心」は周囲を受け入れて、自分の存在価値を 正しく理解している心のもと。
これが真心だと考えています。

お友達の薬剤師さんからのリクエストだが回答になったのかな?

もう元気な研修トレーナー
木村嘉伸

仕事を終えてグリーンラインを走る

朝一番から午前中いっぱいで仕事を大急ぎで終えてセンター南にやってきました。
現地で走るつもりが風が強く、横浜都筑ルートにしました。

グリーンラインの日吉方面は走破済みですが中山方面はまだ。今日は川和町を探索します。

仕事を終えてグリーンラインを走る

さっそく、お花畑発見!

しかし、道がわからず、気がついたらふれあいの丘。
ちゃんと調べないとな~

センター南北、中川を経て鷺沼に戻りました。
今日は何キロかな?20km弱だと思うんだが。

早よ、寝よ

ランニング好きの研修トレーナー
木村嘉伸

自転車始めるんだって!

年若い友人の薬剤師さん。
うらやましいな~

前からやりたいんだがキッカケがないとなかなか始められないもの。

ランニングも普通では想像できないところにいけますがサイクリングはその比じゃないから。

息子が大学生の間に始めて琵琶湖一周しようと勝手に決めています。


サイクリングもしたい研修トレーナー
木村嘉伸

夏風邪ひいた

高い熱が出やすい体質なのですが、昨夜から熱出して今日は休みました
このブログもまたあした!

清濁あわせ呑む

まぁいいか?!
という理解することからの逃避でなく、『よいも悪いも事実なら受け止めておこう』という理解の仕方は大事なんだよね。


筋が通らないといやという人は受け止められないのだが、それは自分の経験では理解出来ないということです。


『はっきりした答えをもらわないと納得出来ません』

こんな会話が今日もありました。

クライアントなので出しゃばらないで帰ってきましたが、そう言われた役員はアバウト(玉虫な回答)に終わっていました。

この役員はよく知っていましが説明責任を果たせる論理性は持っています。
しかし、しませんでした。横目にみて“それでいい”と思いました。

部下も知っている方です。

言葉を尽くすなら
「説明したら角が立つ。
あえていうなら、当社は55年の歴史があり、ゆったりした企業風土で、大きくなっても家族のよさが基本になっている。君は30歳と若いから今すぐ解決したいと思うのだろうが、家族は永遠だから、それぞれが成長していく中で長い時間で自然に解決するレベルだから、いきり立つことはないよ。しかし、こんな長期レンジでは考えられないだろうし、私の見方を伝えることで意欲が萎えたら可哀想。むしろ、私を分からず屋の上司と思ってもっとチャレンジしてくれた方がよい。だから説明なんかしないんだよ」

経験は深いものです。他人の経験を受け入れない人は、自分も否定されるものです。

これが
清濁あわせ呑む
だと思っています。
今日は1日気付きがあった
研修トレーナー
木村嘉伸

ボトルネックは誰だ!

『トップが具体的でないからダメなんだ』
このように言う人は組織のボトルネックです。

他人のせいにしても何も進まない。

徳川家康の重臣で名高い本田平八郎忠勝が豊臣秀吉との世話の中で主人である家康を評した有名な言葉
『主ははきと申さぬお方にて』

はっきりとした指示をされないので、部下は想像して動くしかない。それが結果人が育ってうまくいった、というものです。

今日の経営・マネジメントに説明責任は重要ですが、よいトップは具体的でなくとも、醸し出す何を発信しているもの。言葉のヘタな経営者もいるわけで、それを感じて動くのも下々の役割です。

本田平八郎の言葉にはマネジメントの大事な要素が入っています。

部下の仕事をとらない!

考えて動くのが仕事!
仕事は自分で作り出すもの


徳川270年の経をたてた真髄に溢れた言葉でした。

ボトルネックになってないか?

組織にぶら下がっては面白い人生はおくれないよ

ランニング好きの研修トレーナー

木村嘉伸

『捨てる』と『任せる』

出来の悪い人は捨てられず
中途半端な管理職は任せない

うまくいかない2つのパターンです。

一番捨てないといけないのは、気持ちです。過去の自分の価値観に引っ張られていては、新しい自分の価値観が育ちません。
例えば資料。
ほとんど使う事のないものが机上に溢れている人は、過去な執着して、新しい可能性を潰す人。使う可能性が低い極一部の情報を自分のものに出来ず、おいておく事で、自らのリスクを回避する姿勢の表れ。こんな人がよい人生はおくれません。いい友達が出来ないでしょうね。

任せないは捨てられないと同意語です。
人不足であろうが、部下の能力不足であろうが、それぞれの役割を遂行しないと組織は成り立たない。
『それは君の仕事だ』が大事なんだよな~

とういうことで、新任部長さん、頑張って下さい!

酔っ払いの研修トレーナー
木村嘉伸

『気付き』かたには個人差がある

私は気付きを大事にしています。
気付きは固定した考えにはめてはダメなものです。

形から気付く人
頼れる人からじゃないと気づかない人
本質に肉薄しないと気付かない人

気付きのマトリックスに当てはめると様々な気付きがあることが理解出来ます。
学問で気付きを捉えても仕方がないのですが、多種多様であることを理解したら、気付きが大きくなる間を楽しめる管理職になれます。

幅の一つかもしれません。

今日は久し振りに東松山の病院にお邪魔してきました。

よく心理をとらえて施策をうたれている事務長さんで、先月お付き合いが始まりました。

私がトレーニング担当ではありませんが。緩やかながらも着実な変化を期待したいですね。

ランニング好きの研修トレーナー

木村嘉伸

会話が自分のレベルをあげる

皆さんの職場などんな日常会話をしていますか?

職場のレベルは少し会話を聞けばすぐわかります。

恥ずかしながら、シーフォレストもまだまだです。

明るく発言する事は大事ですが、あまりにわかりきった事や自分で処理すべき事を、恥ずかしげもなくやりとりしてはいませんか?

こういう会話の組織は発展的な討議がうまれないと思います。

日常に
『どうすれば出来る!』が数出てこないと発展的風土にはなりません。
例え元気がよくてもね。

『どうすれば!』こんな職場にしたいですね!管理職の皆さん!

ランニング好きの研修トレーナー
木村嘉伸

延暦寺の門前町 坂本

坂本を周回するコース。登りがキツいが楽しめる。

延暦寺の門前町
門前町の街並み

延暦寺の門前町
日吉大社の石橋

延暦寺の門前町
盛安寺
伏見城の遺構が移築されているはず

延暦寺の門前町
高穴穂神社は高穴穂宮の推定地。仲哀天皇の宮だったかな?

陽が上がってきてヘロヘロ。かなり登ってきましたが、このあたりで折り返します。

歴史好きの研修トレーナー

木村嘉伸

朝ランしてきます

朝ランしてきます

またまたちんたらスタート

朝ランしてきます
私はじっくり走りに、バイバーイ

一斉大掃除

一斉大掃除
年一回の一斉大掃除。

朝7時から一時間程度ですが。

我が街も高齢者が多く、ブロック一つ上げるのもなかなかたいへん。

合唱団コンサート

合唱団コンサート
息子がどうしたわけか大学の混成合唱団にはいった。

今日は40周年記念コンサート。北山の京都コンサートホールです。北山も久しぶりです。


妻のはるちゃんと見てきました。

合唱団コンサートは初めてでしたが、予想以上によかったです。またいこう♪

関係ないけど京都タワーを

滋賀の名所 近江八景「唐崎の松」

唐崎の松
今回は2つの用があり帰宅した。

一つ、私の親父の見舞いの後、帰り道にある唐崎神社に。

天気もよく、湖岸で休息する方が目に付きました。

万葉に歌いこまれ、近江八景に名高いですが、皆さん知らないよな?

すぐそばには明智光秀の坂本城跡があります。

なぎさ公園

なぎさ公園
なぎさ公園から大津港を眺める

なぎさ公園
その後もちんたら

なぎさ公園
観光船ミシガン。息子の健太郎のバイト先でもある

大好きなランニングルートです。

びわこ毎日マラソンの湖岸側を行く。
美菜は先に戻ったので湖岸を二人でちんたら。

はるちゃんが勤める会社に車をとりに行きました。

くたびれました。

はるちゃんと美菜ちゃん

はるちゃんと美菜ちゃん

ぼちぼちとジョギングスタート

妻と長女です。

京都へ向かう?帰るやな!

八王子でお仕事を終えて京都への新幹線車中。

本宅に帰るのだが、この前はいつだったかな?

私が唯一くつろげるのが家。

意識改革も気づきも研修も何も関係ない空間です。

2日間のんびりしてきます。

只の木村嘉伸

困った時こそシンプルに

手がないなあ~と思う瞬間が毎日何度もあります。日常茶飯事とはこのことです。

しかし、そのままにはしておけないから、最高の結果やあるべき姿を考えます。
シンプルにとはこの程度だと思います。
このタイミングで出来ない理由を口にしてしまう人もほんとは言いたくないだろうと思います。

沢山の知識があればできるものではなく、このようにシンプルに考える習慣が大事です。

今日も沢山、手がないと感じ、あるべき姿を想像しました。

1日楽しかった!

くたびれたので早めに帰宅して、夕飯作りました。やっと新居に馴染んできました。
梅雨時期は走れなくて体が重い。

日々気づき、刻々と忘れる研修トレーナー
木村嘉伸

生活の中での意識改革

意識改革・変革を研修のテーマにしているのですが、この変化のきっかけは大きなものではないと思っています。360度評価研修で、一気に気持ちが変わる人はいますが、価値観や考え方にまでには影響を及ぼせません。

変革は小さな日常の積み重ねです。仕事の中だけで考えては無理があります。

例えば、起床時間を変える。

ついでに散歩の習慣をつける。

家の手伝いをする。

こんなことがじわっと気質に影響を与えます。

一般の仕事でいわれる意識改革は、組織や社会に高い適応をする行動に変えよというものです。

勿論、仕事の日々の行動が変われば、じわっと変化はしますが、人生は仕事だけではありません。仕事も含めて人生を楽しまなければいけません。

そう考えると、プライベートな日常変化のほうが効果的だし、変化の実感が定着しやすく思います。

引越し疲れでグダグダな研修トレーナー

木村嘉伸

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »