無料ブログはココログ

« 東名高速の通行止め | トップページ | 中小オーナー企業の給与は・・・ 「えんぴつをなめる」 »

「仲間がいない」という気持ち、“出来てきた自分”

管理職に対してのメッセージです。

ある程度、“自分が出来てくる”と「仲間がいない」と孤独感を感じるときがあります。この孤独感を整理してみます。

考え方1)

出来てきた自分を仕事にぶつけて成果が出ると、そのプロセスで仲間が出来ます。仕事は1人では大きな成果には繋がりませんから。

この考え方だと、「仲間がいない」は以下のように評価できます。

「だいぶ自分の考えは出来てきた。やりたいこともはっきりしてきた。しかし、まだ成果が出る取り組みにはなっていない。もっとアウトプットしよう!!」

考え方2)

周囲のレベルと自分のレベルをどこかで比較していて、周囲を馬鹿にしているかも?よく考えてみてください。これなら「仲間がいない」ではなく、「仲間を作ろうとしない」です。

自分の考えの実現の為に、働きかけをしましょう。出来てきた自分なら、戦える仲間に変わるでしょう。及び腰では仲間になりません。

関わる人の全てと友達にはなれません。仕事の付き合いで結構です。しかし、もう少しベタベタした関係がほしければ、違う接点を作る努力が必要です。仕事で戦える仲間だけど、一度も飲みにもケースもありますから、それでもよいと思いますが。

考え方3)

うまくやろうとするあまり、人の気持ちを大事にしようとするあまり、結果的に仲間が出来ない。2に似ていますが、もっとネガティブ。この人は人物が出来てきたとはいえないかも。

驕り。天狗。これなら、むしろいいかも。

どの考え方も整理後のアクションは同じです。

●仲間がいないは振り返り(過去)  

⇒ 力はあるのだから前に向いて、結果としていい仲間を得よう。

●仲間がいないは及び腰(内省)

⇒ まだまだアクションだ足りないのでは。戦いだけが恐怖を忘れさせます。 

●仲間がいないは遠慮

⇒ 大丈夫、大丈夫!やりすぎぐらいが丁度いいのです。考えてみて。10伝えても、どうせ全部は伝わらないものなのだから。

読んでくれてるかなこの記事。ある人へのエールのメッセージなのだが。

研修トレーナー 木村嘉伸

« 東名高速の通行止め | トップページ | 中小オーナー企業の給与は・・・ 「えんぴつをなめる」 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/30135223

この記事へのトラックバック一覧です: 「仲間がいない」という気持ち、“出来てきた自分”:

« 東名高速の通行止め | トップページ | 中小オーナー企業の給与は・・・ 「えんぴつをなめる」 »