無料ブログはココログ

« 「仲間がいない」という気持ち、“出来てきた自分” | トップページ | 薬剤師、もっと頑張れ! »

中小オーナー企業の給与は・・・ 「えんぴつをなめる」

さじ加減が難しい。

今週はコンサルの仕事で社内にいます。

現在小企業の経営者として従業員への賃金の難しさを痛感しています。仕事で人事制度構築をしていますが、ロジカルに線引きすることの“悪さ”がよく分かる。

賃金は経営者が払いたいものに大義名分を立てることが大事だと考えています。特に中小企業は。「えんぴつをなめる」という表現がありますが、まさにこれがさじ加減。

公平感・透明感とはこういうことだと思っています。完全な公平などはなく、過去の功績や未来への期待が織り交ざった長い付き合いを前提としたものが中小企業には大事なもの。もっと言えば、なかなかオーナー(特に創業者)以上の人は育たないということです。

日本はいつの間にか成果主義の渦に巻き込まれていますが、大間違いだと思います。

勿論、全く必要がないとはいいませんが、全体の中でのシェアは小さくすることが必要。

これが私のコンサルの基本概念。

今回も難しい内容。さて、どうするか?!

「えんぴつなめなめプラン」に難航中の研修トレーナー(ん?)

木村嘉伸

« 「仲間がいない」という気持ち、“出来てきた自分” | トップページ | 薬剤師、もっと頑張れ! »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/30137835

この記事へのトラックバック一覧です: 中小オーナー企業の給与は・・・ 「えんぴつをなめる」:

« 「仲間がいない」という気持ち、“出来てきた自分” | トップページ | 薬剤師、もっと頑張れ! »