無料ブログはココログ

« 就職活動 | トップページ | 仕事で成果を出す2 »

仕事で成果を出す1

この歳になって分かること。

若い頃の仕事の取り組み方。一生懸命仕事をするというアバウトな概念では収まらないものが、人生の後半生に生きてきて、面白い人生がおくれる。

私は周囲に助けられて、沢山の小さな運に恵まれて今日を迎えている。妻との出会い、よい就職先、人との出会い。

しかし、もっと素敵な人とたくさんの出会いを求めていたら、もっと面白い人生になっていたのではと無い物ねだりをほんの少ししている。

人生の答えの入り口は仕事の取り組み方である。共感をしてくれた人が仲間になり、ネガティブな言動をしているとそれに共感する人が集まる。中途半端な人には中途半端なコミュニティが発生する。

人生には確かに運がある。運を引き寄せるのは取り組み姿勢である。潜在的な能力を引き出してくれる出会いはそれほど多くなく、ジョハリモデルそのものだが自己開示をして運を引き寄せるものである。

運の最大は「自分を伸ばせるよい仕事にあたる」ということである。仕事は取りにいけと若い頃教えられたが、一方取りに良く意欲を示していればよい仕事、つまり運はに出会うものである。

こうしてつかんだ仕事で成果を出すことは難しいことではない。自己開示の方がはるかに困難なものである。この時点でチャンスは自分の手の中にあり既にアドバンテージがあると考えるべきなのだ。

やらされ仕事ではよい成果が出ない。引き寄せた仕事は必ず成果が出る。

あとはPDCAを回し続ければよいのだから。

« 就職活動 | トップページ | 仕事で成果を出す2 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210945/29504851

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事で成果を出す1:

« 就職活動 | トップページ | 仕事で成果を出す2 »