無料ブログはココログ

畠山義就、細川藤孝、明智光秀の居城 勝龍寺城跡

Cimg1795
この城は応仁の乱の主役の一人、畠山義就の居城でした。応仁の乱に注目があつまっていますが、こんなところに出会いがあるとは不思議です。

その後、織田信長の時代に細川藤孝の居城となり、明智光秀が山崎の合戦の本拠にしたことで歴史上に名を残すことになります。

犬川と小畑川に挟まれた場所に築かれた城です。京都への侵入を防御する役割がありました。

縄張りを見ると中世の屋形風の城が見えてきます。
Cimg1702_2_3
JR長岡京駅からスタートします。10分ほどで土塁跡につきます。
Cimg1684_3

ゆっくり10分ほど歩くと土塁跡につきます。神足神社にあります。
Cimg1797
真ん中の小丘が土塁跡です
Cimg1696_2_2

Cimg1701_2
土塁上から空堀を眺める。
Cimg1709_2_5
整備前と整備後の比較写真がありました。
Cimg1796
高さ約6mとのこと。見ごたえがあります。

Cimg1712_2
ここから本丸跡はすぐです。公園化されています。公園名は勝竜寺なんですね。
Cimg1723_2
模擬塀と櫓です。土塁だけでなく石垣も使っていたようです。
本丸跡と岩田丸が残っています。
Cimg1739_2
城内は公園になっています。櫓などの建物も疑似的なものばかりです。

Photo
北門跡と沼田丸との境の石垣
Photo_2
沼田丸も公園です
Cimg1760_2

Photo_3

中世の屋形をイメージして訪れるとしっくりくると思います。この後山崎の合戦の古戦場に向っても15分ほどですから、いい歴史散策になります。


■勝龍寺城跡

所在地 長岡京市勝竜寺
アクセス JR長岡京駅より徒歩10分

太田道灌の城 都旧跡 稲付城跡

Cimg1650


Cimg1657


Cimg1659


Cimg1664


Cimg1670


Cimg1674


Cimg1682


Map

«作延城跡